«

3月 31

弁護士の選び方

債権回収を弁護士に依頼するにあたり、どの弁護士に依頼するかは債権回収の成否を左右します。弁護士には得意分野や不得意分野があるため、債権回収を得意としている弁護士であることが、弁護士選びで失敗しないために満たしておくべき最低限の条件です。ホームページや無料相談で実績を確認すると、債権回収の上手い下手がわかるでしょう。

また、付き合いやすい弁護士かどうかも、一朝一夕で終了するわけではない債権回収を気持ちよく行なっていくためには重要です。自分と性格的に合うような人であることや、相談者の気持ちや立場をわかってくれて、しっかりと話に耳を傾けてくれる人が良いでしょう。さらに、依頼した場合には債権回収に向けての方針、回収までの流れ、かかる弁護士費用に関する十分な説明を行なってくれる弁護士であることも欠かせません。

なお、債権回収では手を尽くしても、最終的に回収できずに終わってしまうということも少なからずあります。最後まで諦めずに回収の方法を模索してくれる弁護士であることが望ましいのですが、こうした悪い結果になり得るということまでしっかりと説明してくれる弁護士のほうが、信頼がおけるでしょう。そのほかには、相談には基本的に事務所へ行くことになるため、なるべく近場にある事務所のなかから選ぶと負担が軽いです。