»

3月 28

弁護士に頼んで債権回収

貸したお金が返済されない、ツケが支払われない、支払いを求めてもいつか払うなどと言い訳されて結局は支払われない、支払いを繰り返し求めているのに無視され、挙げ句の果てには音信不通になるといった具合に、債権を回収できずに困っている人は多くいます。自力での回収が難しい場合には、プロである弁護士に相談することをおすすめします。相談料を無料にしているところもあるため、まずは気軽に相談してみましょう。弁護士に相談することにより、的確な債権回収手段の提示を受けることが可能です。裁判所を使うことにより、条件次第では相手の不動産、動産、預貯金、給与などから強制的に債権を回収するような方法も、自分に法律の知識がまったくなくても実現することができます。

たとえばどういう債権の回収の問題で困っているというような簡単な相談は電話やメールで行なえるところもありますが、くわしい話は弁護士のいる事務所まで足を運んでする形になります。このときには、どういういきさつで債権が発生したのか、返済時期などに関する取り決めの内容、相手の現状での支払い額などをまとめておきます。契約は口約束でも成立し得るものですが、支払いの約束を証明するような証拠があるに越したことはありません。入金の記録、領収書、契約書類、支払いに関する送受信メールなどが必要になります。また相談は飛び込みではなく予約が基本ですので注意しましょう。

当サイトでは弁護士に相談して債権回収に乗り出すメリットやデメリット、弁護士の選び方を解説させていただきます。債権回収問題でお困りの方はとくに、ぜひ別のページの内容もチェックしてみてください。